Next2.html

6 月の企画展

Now

       

ご挨拶

平素よりGallery FACE TO FACEをお引き立てくださり、ありがとうございます。

このたび弊ギャラリーは諸般の事情により201512月末日をもちまして閉廊し、201611日より以前から同時に運営しておりました西荻窪「ガレリア青猫」

(〒167-0053 東京都杉並区西荻南2-21-8)にギャラリー業務を移す事に致しました。

20086月の開廊以来、7年余の長きに亘り皆様にご支援とご愛顧をいただいた事を御礼申し上げます。本当にありがとうございました。


ギャラリーが移転する事でお客様方、作家の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承のほどお願い致します。

新生「ガレリア青猫」のギャラリー運営の方針は、Gallery FACE TO FACEと同じく企画展中心とし、広くなった展示スペースの特長を生かしたより質の高い展示を目指して行く所存でございます。今後共ご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


移転後の展示は、西荻窪「ガレリア青猫」にて恒例のお正月グループ展「一点豪華主義」からスタート致しました。


今後はギャラリー業務は「ガレリア青猫」の名前で活動する事とし、FACE TO FACEは外部でのアート業務をする際の名称として存続して行きます。


手短ですが御礼とお知らせに代えさせていただきます。


代表 山本 清

ガレリア青猫6月後半企画展示2016.6.17金  6.27月<6月22日水休廊>13:00ー20:00

林千絵木口木版画展Chie Hayashi Wood Engravings Exhibition

林千絵さんがここ10年来続けてきた木口木版の代表作品をまとめてご紹介する初めての展覧会です。

文学作品や夢に題材を求めた幻想性や、 過ぎてしまった時代に想いを馳せた郷愁が林さんの作品の魅力です。 会場を前後に分け、 新作を含めた約40点余の作品でそれぞれの世界をご紹介します。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

林 千絵 (はやし ちえ)

1991年  桑沢デザイン研究所中退  木口木版、 水彩、

鉛筆画、 板絵などを個展、 グループ展で発表している。

林千絵さんがここ10年来続けてきた木口木版の代表作品をまとめてご紹介する初めての展覧会です。

文学作品や夢に題材を求めた幻想性や、 過ぎてしまった時代に想いを馳せた郷愁が林さんの作品の魅力です。 会場を前後に分け、 新作を含めた約40点余の作品でそれぞれの世界をご紹介します。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

林 千絵 (はやし ちえ)

1991年  桑沢デザイン研究所中退  木口木版、 水彩、

鉛筆画、 板絵などを個展、 グループ展で発表している。